スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステラの妊娠で、シャチの生殖研究について再考する



 鴨川シーワールドのメスシャチ・ステラの妊娠が公式発表された。
 もう一頭妊娠しているメスのシャチがいるとも報道された。

 鴨川のシャチについては、プロゲストーゲン投与をやめて、じゃんじゃん出産してほしいと願っていたので、今回の報道をうけて嬉しい。


stella_AI

 後だしだが、たまたまステラのAIを目撃してしまった。
 スタッフが指示を出すと、この横になった状態でランディングするのだ。
 処置中も静かで、信頼関係が確立され、非常に訓練されているという印象を受けた。

 その際、『よし、これで名古屋には行けない方便ができる!頑張れ!』と念を送ったのだが、名古屋港水族館が『鴨川シーワールドでは水槽が足りず出産が難しいことから受け入れることになった』という”大義名分”に使われてしまうとは・・

 『移送や飼育にかかる費用を全面負担』とか言ってるが、もう帰ってこないんだろうな・・人間だって、一度広いところに引っ越しちゃうと、元の狭いところじゃ住めないし。

 しかし、なぜメインプールの4頭でなく、ビンゴステラ夫婦なんだろう。。

 メインプールの4頭なら、出産でトラブルがあっても、シャチ同士で助け合えるが、ステラは出産経験豊富とはいえ、ランに介添え役は荷が重いんじゃないのか?

 そんなシャチファミリーを預っちゃって、名港さんは大丈夫なんですかね?シャチの検温すらてこずっていたのに。。
 伊豆三津あたりのほうが、近いし、出産の経験もあるし、『緊急避難』に向いてる気がするけど。。
 
 まあ、プロの決断だ。
 以前、『ステラはずっとここにいておくれ』と、搬入当時いちばん小さかったこともあり、スタッフはステラには特別な思い入れを持っているという文章を読んだ。
 いろんな事情があって断腸の思いで決めたことなのだろうから、支持するしかない。

 おめでたいニュースの記事に書くのもはばかられるが、名古屋港水族館で亡くなったクーちゃんの卵母細胞が保存されているとネットで目にするが、良い状態で保存されているのだろうか。
 ナミちゃんの卵母細胞については、どうなのだろうか。

 人工繁殖の技術は日進月歩で進化している。
 最近、『新動物生殖学』(佐藤英明編著)が出版され、ナナメ読みしただけだが、冷凍凍結精子の冷凍手順など、かなり研究が進んでいる。


 万が一の不幸の場合に、良い状態で検体を冷凍保存できるよう、名古屋港水族館も、鴨川シーワールドも、万全の準備をしていたほうがいいと思う。

 わたしは、きちんと保存されているのなら、クーちゃんやナミちゃんの卵母細胞とビンゴの精子で顕微授精してメインプールの妊娠していないほうのメスのシャチさんに出産してもらいたいと思っている。3頭いなくなってプールも広くなるのだから。

 国内の鯨類繁殖の第一人者の鴨川の獣医さんの研究の集大成になるんじゃないかと思う。

 


コメントの投稿

非公開コメント

複雑な心境ですが・・・

やっぱり行っちゃうんですね。こんな形でシャチ妊娠のニュースを知るとは・・・
新聞にも帰すのは難しいと書いてありますが、いつの日か無事に鴨川へ帰れることを祈っています。

それと、ふと思ったのですが、「プロゲストーゲン」と「AI」とはどのような意味なのでしょうか?

こんばんは

はじめまして。
いつも興味深くしろぶたさんのブログを拝見させていただいている者です。
ステラさん+もう一頭のおめでた、私も聞いて本当に嬉しくおもいます。
寂しいですが、ステラ・ビンゴ・ランの3頭には上手く名古屋の環境に適応し、スタッフの方々も彼らと長く、仲良くして頂けることをひたすら祈るばかりです。
初めてコメントをさせて頂くのにいきなり失礼ですが、写真のステラさんはAIではなく尿検査を行っていると思います。
シャチのメスのAIの訓練は水面に仰向けになったポーズをとらせますので。
あと水族館や動物園の関係者の方によると、「プロゲストーゲン」なるシャチの妊娠を妨げるような薬は無いし、投与もしないということです。

複雑な心境ですが・・・

レイシ様

 コメントありがとうございます。
 以前にもコメントいただきましたよね? ひき続きブログをご覧くださり、ありがとうございます。
 
 ビンゴ・ステラ・ラン一家が帰ってくるかは、私の想像の域です。

 彼らの帰還について言及している新聞があったのですか?
 実は、この半年、出張が多くて、新聞をまともに読んでいないのです。社名さえ教えていただければ、遡って調べます。よろしくお願いいたします。

 「プロゲストーゲン」と「AI(Artificial Insemination)」については、他の方からもコメントいただいてますので、そちらをご覧下さい。

 これからも、よろしくお願いいたします。

Re: こんばんは

七海ナミ様、

 コメントありがとうございます。

 『七海ナミ』さんって、素敵なお名前ですね。
 わたしも海が好きなので(腕が真っ黒です)、名古屋港水族館で産まれる予定のステラさんの仔には、グローバルに、七海(ナミ、ナナ、ナナミ)七生(ナナオ、ナナミ)なんて名前が付いたらいいなって思います。

 さて、本題に移ります。なお、わたしのブログは、幅広い年齢層の読者を想定していることを、ご了承くださいませ。

 『尿検査』ではないです。ピストンが空になっていましたから。他にも色々理由はありますが、上記理由で割愛します。

 『シャチのメスのAIの訓練は水面に仰向けになったポーズをとらせますので。』
 『あと水族館や動物園の関係者の方によると、「プロゲストーゲン」なるシャチの妊娠を妨げるような薬は無いし、投与もしないということです。』

 七海ナミ様の回りにはシャチの人工生殖に精通された水族館関係者の方がいらっしゃるようですが、わたしの調べた範囲では、シャチのAIをしている水族館は国内外で多くはないですから、七海ナミ様のお知り合いの『関係者の方』がどちらの施設の方か、特定できそうで怖いです(笑)。

 まず、シャチのメスのAIのポーズに、こうするのが普通っていう体勢があるとは、存じ上げませんでした。それは本質的な問題ではありませんし、わたしにはどうでもいいことです。
 別に、陸上に上げて処置しても何ら問題ないと思います。むしろ、陸上の方が、シャチが自分の重力で動きにくいから、からだを調べやすいし、処置もしやすい、何よりも施術者も安全だと思います。米国シーワールドの獣医さんが、イルカを陸に上げて人工授精している写真は、学術論文に載ってますよ。
 自然界では、シャチやイルカが人間に体をあれこれ触られることはないでしょうから、陸に上げられて、処置をうけるのはシャチにとっては楽しいことではないと想像します。だから、『水面に仰向けになったポーズ』をさせるのが精一杯という水族館もあるのかもしれません。あの格好で横向きでランディングして大人しく施術を受けるのは、鴨川のステラさんとスタッフだからこそ出来るポーズなのかもしれませんね。

 「プロゲストーゲン」について、そのように仰る「関係者」の方がいるとは、驚きです。
 「プロゲストーゲン投与でシャチが妊娠しないようにしているか?」と質問したわけではありません。そんな答えに困るような質問はしない、仮に聞いたとしても先方に迷惑がかかるので、ネットには書きません。

 ただ、個体数が増えすぎないように、近親交配を避けるために、ホルモン投与などで避妊するのは、動物園・水族館では昔から行われていることです。逆に、限られた個体で飼育展示を続けていくには絶対に必要なことです。
 鴨川の獣医さんの書かれた本でも、年もとったし、もう妊娠しないだろうと、投与しないでいたら動物が妊娠してしまったというエピソードが載ってます(*1)。

 投与したものが「プロゲストーゲン」であるかは確定してませんが、ホルモンを使います。
 前にもブログの記事に書きましたが、8年に4頭というペースで仔をうんだビンゴ・ステラは非常に仲の良いカップルであるという海生哺乳類の専門家の見立てがあり(*2)、2006年以降出産がないのは何らかの処置をしているのかなと疑っていたところ、信頼できる情報筋から、出産制限をしている動物のリストに鴨川のシャチが含まれていたことを知り、その他の情報をわたしなりの観点から総合分析して、あのような記事をかいた次第です。

 
(*1)勝俣悦子著「わたしはイルカのお医者さん」「わたしは海獣のお医者さん」のどちらかに載っています。
(*2)東京大学海洋研究所「海の環境100の危機」

しろぶたさんへ

そうなのですか!
まだまだ私も勉強不足ですね(^^;)
しろぶたさんの丁寧なコメントで沢山新しい情報を教えていただきました。
ありがとうございます!
これからもっともっと勉強していきます!

No title

詳しく、はっきりと言及しているメディアはありませんが、ネット上の毎日新聞で、
「ただ鴨川側は「常識的には、頻繁に移動させづらい」と話しており、出産後も名港水族館が親子を飼育する可能性が高い。」
との記述を見つけました。

ここからは自分の推測ですが、シャチ「クー」の借り入れの際には5年の期間が切れる時に(いや、切れる前だったか)さらに延長したことがあったので、おそらくそんな感じでだんだんと延ばしていくのでは・・・と思ったわけです。

「帰すのは難しい」とは全く書いてないですね。すみません。

あ、ネットの新聞はすぐに消えてしまうようなので注意してください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

しろぶた

Author:しろぶた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。