スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャチの素敵なストーリー(4)― ランの餌付け遊び

 私がシャチに惹かるきっかけとなったエピソードを連載していきます。 

 鴨川シーワールドの季刊誌、書籍、インターネット上のニュースや写真で情報収集したものを、筆者独自の観点からまとめたものです。引用される場合は、ご連絡下さい。


 カモメがプールサイドの壁の上で、シャチの群れ(ビンゴ・ステラ・ラン)をみつめている。
 カモメの視線の先をみると、プールサイドに何やら落ちている。

 シャチ達は悠然と泳いでいる。
 カモメは、隙を見て、プールサイドに降り立ち、物体への距離を縮める。
 ラン(2006.2.25生)がそれに気付き、プールを何周も泳ぎながら、虎視眈々とカモメとの距離を徐々に縮める。



(ラン 2010年12月撮影)

 カモメがプールサイドで、何かをついばんだ。

 ランが絶妙な距離でカモメに近づく。
ついに、顎をプールサイドにのせ、水を吐く。
 カモメが何かをついばむ。

 そういったやり取りが何度かあって、ついにカモメがランの歯の間にくちばしを突き立てた。
 
 私は、息を呑んだ。
 ランもシャチである。水上の食物連鎖の頂点のシャチの本能をむき出して、いつランがカモメを襲うのか、ハラハラした。

 ランは飼育下にいるから、決った時間に決った量のエサしか食べられない。
 カモメは、すぐそこの太平洋の上を自由に飛んで、餌を食べることができる。シャチのパフォーマンスや食餌時間にどさくさに紛れて、おこぼれにあずかることもできる。

 しかし、カモメは、決って昼過ぎにランのいるプールにやってくる。
 そして、ランと上のようなやりとりをする。

 実は、この行動、ランが、もらった餌を吐き出してカモメを餌付けして、暇つぶしに遊んでいるのだ。


☆☆☆参考文献☆☆☆
鴨川シーワールド『海の生きもの教室―シャチととに40年』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しろぶた

Author:しろぶた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。